スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒竜の胎動(1-2) ー生命の樹物語ー

 なんでそれを、と声にしかけて口に両手を当てた。
 その仕草そのものが、目前の初老の剣士が望む品があることを示している事に気付いたが、すでに手遅れだった。
 首を左右に振りながら、店主は店の奥へとロミュラン・エールを取りに向かった。
 「さて、と」
 初老の老人が振り向いた先には、小柄な少女が立っていた。
 「それなりに腕に自信がある連中ともなれば、相手の強さがなんとなく、理解るもんだ」
 どうやら先程の二人の事を言っているらしい。
 「まあ、本当の怖さは、その先にあるんだがな」
 「でも、それは取引の禁止されているお酒を飲む理由には・・・」
 ロミュラン・エールー現在は断絶状態にある隣国エルモアが原産地の、非常に強烈な酒である。が、何処にでも裏の取引経路というものは存在するもので、特にこの酒は人気が高い。半透明の青色で見た目に美しく、口当たりはまろやかだが、裏腹に酒成分が非常に強く、飲み方を間違えると二日酔いどころか、三日は役に立たない状態になるという。
 表立ってお品書きに加える事はできないが、国家の役職に就いている人物達にも人気は高く、いわゆる「見て見ぬふり」になっているのが現状であった。
 「そう堅いことは言わない!な、レン殿も一度試してみるといい」
 店主が持ってきたグラスを素早く受け取ると、レンと呼んだ少女の目前に突き出した。
 流れでなんとなく受け取ってしまったレンは、少し香りを楽しんでから、一気に飲み干した。
 「ああああんた!そんな小さい子に飲ませてどどどどどうすんだ!」
 慌てた店主に、剣士は人差し指を立ててこう囁いた。
 「大丈夫だ!彼女はこう見えて私よりも年上だよ」
 飲み干した拍子に、被っていた外套のフード部分が後ろに降りた。
 そこには、アデン大陸において人間と共に生活しているエルフの姿があった。
 「うん、とても美味しい」
 もう一杯、と言いかけたレンのグラスを奪うように取り上げ、今日はここまで、と剣士が言った。
 「さあ、さっきの話の続きだがー。血が登った二人の面目は丸つぶれ。お互いが腕に自信がある、とくれば次に考えるのは、なんだかわかるか?」
 「仕返し、ですか?モス様」
 少し考えてから答えたが、モスは指を鳴らして惜しい!と言った。
 「半分正解。もうひとつ、可能性としてあるのは」
 ぐるり、と酒場の中を見回した剣士ーモスが、一人の青年に注目した。
 「八つ当たり、てやつさ」
 その時、注目した青年は、腰に大きな剣を携え、ちょうど店から出ようとしていた。
 それを見て、レンの方を向いてモスがニヤリと笑った。
 「どうやら、面白いものが見れそうだ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。