FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形が夢見るは如何なる未来か(3) -ブルディカの記憶ー

 長い耳に大きく裂けた口、丸い目がつけられた人形を前に、張はある生物を思い浮かべていた。それはブルディカも同様であった。
 「グレムリン・・・のようですね」
 アデン各所に生存するグレムリンは、地面に落ちているものを何でも収集するという特徴がある。今の反応から見て、その特徴を引き継いでいるようで、しかもここは稀代の天才錬金術師の部屋だ。
 「ただの人形ではない、ということですね」
 部屋の様子から、この人形が荒らした所以外、特に家探しされた痕跡は見当たらなかった。
 「さて・・・困ったな」
 ブルディカを名乗る謎の人物と一緒に出掛け、残されたのは不細工な人形ひとつ。行先を探ろうにも心当たりがわからない。
 どうすべきか思案中の二人は、ほぼ同じ考えに行き着いたようでー。
 ぴたりと動きを止めていた人形の首が、少しだけ傾いた。


 アデンの商店街を北の方向へと向かっていたリュミエールは、常に何か考え事をしているように見えた。腕を組み、片手は自分の顎を支えるように当てている。
 突然訪ねてきたブルディカと名乗る人物が人間ではない事は、一目でわかっていた。深く被った旅人用の外套の下から見えた肌の色は異常に青白い。
 王からの使いで、親交の深いラビエンヌが行方不明になった。その探索にどうか一緒に来てご助力願いたい、との話だったので同行することになった。簡単な荷物をまとめ、すぐに出発したのはその日の午後になったばかりの頃である。
 「-といったわけで、今に至るのです」
 ブルディカの説明も聞いているのかわからない様子であったリュミエールだが、ふと立ち止まってブルディカを見た。
 「どうされました?リュミエール殿」
 商店街を抜け、首都の北門が見えた辺りである。
 「さっきから気になっていたんだけど」
 顎に置いていた手を下ろし、普通に腕組みをした姿勢になったリュミエールは続けた。
 「周囲を取り囲んでる四人は、あなたの配下の人?」
 ほう、とブルディカは驚いた。
 「気配を消している我々を察知されるとは、さすが天才といったところですか」
 「正解、というわけね」
 視線をブルディカに戻して、リュミエールはさらに続けた。
 「ではもうひとつ。あなた、ブルディカという人じゃないでしょ?」
 気配が変わったのを、リュミエールは感じた。
 温厚そうな雰囲気が、一変していた。
 それは冷たい刃のような殺気であった。
 同時に周囲の四人が一気にリュミエールを囲んだ。
 「それも、正解、てことね」
 ブルディカを名乗った男の口元が醜く歪む。
 「勘が鋭いな、お嬢さん」
 丁寧な口調は、歪んだ口元に似合ったそれに変わっていた。
 リュミエールの背中に小さな痛みが走った。何かの切っ先が突きつけられている。
 「そのまま後ろから内臓をかき回されたくはないだろう?」
 組んでいた両腕を頭に移し、抵抗の意志がないことを示したリュミエールの表情は、しかし平常心であるようであった。
 「天才だけに、賢い選択だな」
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。