スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形が夢見るは如何なる未来か(7) ーブルディカの記憶ー

 部屋を出た魔法使い達と不思議な人形は、灯台を出てすぐ、その足を止めた。
 陽光の中、青白い肌に蛇のような視線を携えた二人のダークエルフが待ち構えていた。
 上の階で何かが起きたのは気配で感じ取っているようで、張達の姿を見ても慌てることなく、腰にある剣に手を回す。
 張がリュミエール達を庇うように前に立つ。
 精鋭の暗殺部隊は、目前の魔法使いを侮ってはいない。油断した相手にならば魔法を詠唱する時間も稼げるが、気を緩めない相手には、その余裕がない。
 だが、張は静かに手にした杖を構える。
 一瞬、周辺の空気が凍る。
 あ、と声を出したのはリュミエールだった。
 抱きかかえていた人形が突如、その腕をすり抜けて走りだしたのだ。
 先に動いたのは、ダークエルフの方である。
 張を倒し、錬金術士二人を確保し、急ぎこの地を離れる。簡単な作戦内容のはず、だった。
 不意にダークエルフの右足が止まった。
 どこからか生えた草の蔓が、器用に足に絡みつく。蔓に備えられた刺が食い込み、痛覚を刺激した。
 ある種の魔法で攻撃された、と認識した刹那、もう片方のダークエルフが大きく仰け反る。
 鋭く尖った氷の槍が胸を貫いたと同時に、全身が氷の塊に閉じ込められた。
 驚いたダークエルフが右足を強引に引き抜いて、体制を立て直そうとする。
 両手にそれぞれ剣を構えたと同時に、ダークエルフの身体は氷の塊に覆われた。
 「・・・高速詠唱」
 戦闘が終了した、という安堵感からか、リュミエールが呟く。
 魔法とは、複数の神々の力を複雑に練り合わせて具現化させるもので、光の魔法のように簡単なものもあれば、呪文の言葉ひとつ間違えただけで命を落とす危険なものまである。だが、熟練した魔法使い達は一言一句失敗することなく、具現化させるために必要な呪文の詠唱を短時間で行う。それを高速詠唱、と呼んでいるが、今のアデンに張と同じほどの速度で唱えれる魔法使いは、そう何人も存在はしないだろう。
 それひとつをとっても、彼が並大抵の魔法使いではないことを立証するに十分であった。
 てくてく、という音が似合う歩き方で戻ってきた人形が手にしていたのは、たまたま跳ねて桟橋に乗ってしまった生きのいい魚であった。
 思わず魔法使いたちの口元に笑みが浮かんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。